• Sales: 0987 989898
  • Sites:

Font Size

Profile

Layout

Direction

Menu Style

Cpanel

設計依頼.com

忘れがちな諸費用

建築費用の見積もりには諸経費の確認を                                                      


資金計画で忘れやすいのが建物本体の価格以外にかかるお金です。
設計・監理契約、工事請負契約、金融機関の住宅ローンを利用する場合などに、
必要な印紙・手数料、保険料等の他に登記する際の報酬なども含まれています。

         ■住宅広告には本体工事価格や坪単価だけしか表示していない場合が有りますが、実際に家を
     建てる際様々な諸経費が必要となります。建て替えの場合には既存の建物の解体費用がかか
     ります、さらに地盤調査の結果次第では、地盤補強の工事費用も必要になります。ローコストを
     唱える一部の会社では、本体価格を安く設定し、諸経費として何百万もご用意してくださいという
     ケースもあります。本体工事価格のみを表示して、契約した後に想定外のお金がかかり、大幅
     な予算オーバーとなってしまうケースもありますのでご注意ください。

    ■諸経費として忘れてはいけない費用は?

       ●登録手数料
        土地家屋調査士・司法書士…登記手続きの際の報酬
        登録免許税…不動産の取引においては、新築住宅を購入時の所有権保存登記、中古住
        宅を購入時の所有権移転登記、住宅ローンを借りる時の抵当権設定登記などがあります
        (住宅金融公庫を利用した場合はかかりません)。税率は登記の目的により異なります。

       ローン諸費用
        金融機関にローンを申し込む時に必要となる費用。
        連帯保証人を立てる代わりに必要となるローン保証料や事務手数料などの費用。
        金融機関、借入期間等によって異なります。

       印紙税
        不動産売買契約や借地権の設定契約、工事請負契約、金融機関との住宅ローン契約な
        どの契約書を作成するときに、取引金額に応じて課税されます。

       固定資産税
        毎年1月1日時点で登記簿に土地建物などの固定資産の所有者として登記された人に課
        税される市区町村税です。

       都市計画税
        毎年1月1日時点の不動産の所有者にかかる税金で、課税対象は都市計画区域の市街化
        区域内にある土地、建物に限られる。ほとんどの市町村では税率は最大0.3%です。

本体工事費以外に必要になる諸経費一覧
●工事着工前の諸経費としては
お見積費用(概算)
 敷地・地盤調査  専門業者に調査を依頼すると、一般的には
 スウェーデン式サウンディングで行います。
¥105,000円
(消費税込)
 お引っ越し費用  旧家屋の解体が必要な場合は、仮住まいへの
 お引越しが必要になります。
¥105,000円
(消費税込)
 仮住まいの費用  新居が完成するまで、家賃や最初の契約時に
 必要になる敷金・礼金、手数料などの費用

6か月間入居で
¥1,260,000円程度
(消費税込)

 旧家屋の解体費用  旧家屋を解体して建て替えをする場合に必要
 になる費用です。(粗大ゴミなども処分)
¥1,200,000円
(消費税込)
 滅失登記  建物を取り壊した際に登記が必要です。ご自
 分でもできますが、土地家屋調査士に依頼し
 た場合は3~5万円かかります。
ご自分で登記
¥10,000円程度
(消費税込)
 近隣へのご挨拶  解体工事、基礎工事に入る前には、近隣に
 粗品を持ってのご挨拶をします。
¥1,000円程度
(消費税込)
 地鎮祭費用  神主の立ち会いで祝詞をあげ、土地を清め、
 工事の無事を祈る儀式です。施工する大工
 に1~2万円程度包みます。
神主へのお礼は
¥30,000円~
¥40,000円程度
 設計・監理費用  建築家に依頼する場合は、本体工事費の10
 ~15%程度が必要になります。
建築家・設計内容に
より異なり(要相談)
 ご契約の印紙代  建築家とのご契約の際や施工会社との工事
 請負契約の際にも必要になります。
¥20,000円~
¥30,000円程度
 住宅ローン契約  住宅ローンを使う場合は、金融機関との金銭
 消費貸借契約を締結いたしますが、その際に
 印紙税が必要になります。
金融機関によりますが
¥20,000円程度
 抵当権設定登記  住宅ローンを使う場合は、金融機関との間に
 担保として不動産の抵当権設定を司法書士に
 依頼して登記いたします。
司法書士報酬や
借入額によりますが、
約2~6万円程度

●工事期間中/完了後

 上棟式  棟木をあげ終った後に行う儀式、職人さんに
 酒肴を用意しての宴を開きます。
職人への金一封を含み
¥100,000円程度
 表示登記  新築一戸建ての場合、「建物表示登記」を土
 地家屋調査士が行います。個人でもできます。
¥10,000円~
¥50,000円程度
 所有権保存登記  物件や登記の内容などによって費用が異なり
 ますが、司法書士が行う事が多いですが個人
 でもできます。
¥65,000円~
¥100,000円程度
 火災・地震保険  住宅ローンは火災によって損害を受けた時に
 そなえ、火災保険に加入する事が必要です火
 災・地震保険料は損害保険会社や保険の内容
 によって異なります。
損害保険会社や
保険の内容によって
数万円から数十万円
 団体信用生命保険  融資の申込人が死亡したり、高度障害になっ
 た場合に備える保険ですが、金融機関によっ
 ては加入が任意で、保険料も違います。
損害保険会社や
保険の内容によって
数万円から数十万円
 お引越し費用  建物が完成してお引き渡し手続きが完了いた
 しますと、新しい住まいにお引越しとなります。
引越し業者と荷物に
よって違いますが、
8万円から20万円

●本体建築費用に付いては前ページ

▲PAGE TOP

現在地: Home 建築費用サンプル 忘れがちな諸費用